2015年02月25日

推理小説 同好会

「半沢直樹」以来、池井戸 潤さんの小説をしばらく読んでいましたが、

テレビの影響も少なくなってきたのもあるし

「下町ロケット」や、「空飛ぶタイヤ」「花咲舞シリーズ」は

すごくおもしろかったのですが

それ以外のものも結構パターンが似かよっていて…ふらふら


この間から、また東野圭吾さんの小説を読んでいます本

まず、「マスカレード・ホテル」を読みましたexclamation

DSC_0778.JPG

そして、同じシリーズの「マスカレード・イブ」

DSC_0776.JPG

どちらも、国内の高級ホテルのフロント係の女性が主役です。

そして、加賀恭一郎、ガリレオ先生に続く

シリーズになるかもしれない「新田刑事」exclamation×2

どちらもとても面白かったですわーい(嬉しい顔)


私のイメージとしては

「マスカレード・ホテル」は、長編の映画向き映画

そして、「マスカレード・イブ」は、短編のドラマ向けですexclamation×2


新作の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は

DSC_0777.JPG

過去と現在がつながった不思議な物語です。

適当に書いた悩み相談の回答が

他人の人生を変えてしまうという、

新しい視点から見ています目

さすが、東野圭吾さんですねダッシュ(走り出すさま)


お勧めですexclamation×2

みなさんも一度読んでみてはexclamation&question


posted by ヨッシー at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアな話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114267681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック